歴史を知る

松野尾寺
第二十八番 松野尾寺
真言宗智山派
本尊・聖観世音
住所・千葉県館山市神余4612(自性院)
電話・0470-28-0644
おもくとも つみにはのりの 松のおじ 仏をたのむ 身こそたのもし

関東大震災で四寺がひとつに

室町時代の豪族・神余景貞の三回忌に、里人が岩崎台に建てた念仏堂にはじまるという松野尾寺。
文安5年(1448)に福寿山満福寺と改め、のち福聚山松野尾寺と改称。本尊は文殊菩薩で、境内に観音堂があったとのことです。
大正12年の関東大震災で倒壊したため、地区内で倒壊した来迎寺、安楽院とともに、巴川を挟んで対岸の山の中にあった自性院に合併されたという経緯を持っています。

松野尾寺

自性院は、元は地蔵畑と呼ばれる山中にあった寺。室町時代中頃に地蔵畑の岩屋で家臣・山下定兼の反逆に遭った神余景貞が自殺したとされ、これを供養した自性房がこの岩屋に自性院を創建しました。元禄大地震で崩れたのち、現在地に移ったとのこと。
平安時代中頃の阿弥陀如来坐像は、市の指定文化財。また鎌倉時代の水晶製六角五輪塔形舎利塔も、全国で数例しかない市指定文化財となっています。

松野尾寺

弘法大師の塩井戸伝説

近くを流れる巴川には塩井戸橋がかかり、橋のたもとには「弘法の塩井戸」があります。ここにはこんな言い伝えが。大同3年(808)11月、旅の僧を心優しい女性は小豆粥でもてなしました。その粥は塩気がなく、旅の僧は不思議に思い女性にたずねると、貧しくて買えないとのこと。それを聞いた僧は錫杖の先で巴川の川中を挿し、引き抜くとそこから塩辛い水が湧き出たとか。その旅の僧こそ、弘法大師だったという伝説です。

その塩井戸からは現在も黄色味を帯びた塩水が湧き出ており、11月になるとこの塩水で小豆粥を煮て、大師にお供えするという慣習もありました。神余という地名通り、神仏との関わりが深い地なのです。

弘法の塩井戸

  • はじめに
  • 那古寺
  • 新御堂
  • 崖観音
  • 真勝寺
  • 興禅寺
  • 長谷寺
  • 天寧寺
  • 日本寺
  • 信福寺
  • 往生寺
  • 金銅寺
  • 福満寺
  • 長谷寺
  • 神照寺
  • 高照寺
  • 石間寺
  • 清澄寺
  • 石見堂
  • 普門寺
  • 石堂寺
  • 智光寺
  • 勧修院
  • 宝珠院
  • 延命寺
  • 真野寺
  • 小松寺
  • 住吉寺
  • 松野尾寺
  • 金蓮院
  • 養老寺
  • 長福寺
  • 小網寺
  • 観音院
  • 滝本堂
  • 震災観音堂
  • 観音寺
  • 水月堂